国民体育大会

岐阜国体で世界新記録

このブログがかつて、トキめき新潟国体のレポートをしていたことなんて、ブログの主すら忘れかけているこのごろ(笑)

ですが新潟県内が、日本全国から集まった選手、そのサポート役の人たちで賑やかになった「記憶」は、そう簡単には忘れる事ができません。

新潟以降、千葉、山口で国体が行われて、今は岐阜で開催中の国民体育大会。
今、岐阜県も盛り上がっている事でしょう。

国体で世界新記録が生まれることは、非常に稀だと思うし、しかも高校生が樹立。
すごいです。

それにしても。

昨日のうま博ではトッキッキ課長(一匹だけだったから、きっぴー課長なんだけど)の紹介で、「昨年の国体」っとの発言。


もはや、トキめき新潟国体すら忘れさられているのですね・・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ、本日、「おいでませ山口国体」開幕!

もう、あれから二年経つのですね。
一昨年、この新潟でも国体があったことを覚えているのは、年長者くらいでしょうかcoldsweats01


さて。
前回の(第19回)新潟国体の前年は、(第18回)山口国体が開催されました。
前回の新潟国体では、開会式に解き放つ予定だった「鳩」が不足。
その不足していた鳩を、山口県が送ってくれたようです。

そして時は経ち、21世紀。
使いまわせる備品は大分から新潟、千葉から山口などへ再利用されるようです。

選手たちは都道府県対抗で戦いますが、開催(都道府)県同士はうまく連携し、リレーが続くようです。

新潟県体育協会のサイトにある、新潟県選手団名簿↓
http://www.niigata-sports.net/cms/document/disp/144

おいでませ山口国体サイト
http://www.choruru.pref.yamaguchi.lg.jp/kokutai/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょるるチャンネル

http://www.choruru-ch.pref.yamaguchi.lg.jp/

今、山口県で行われている「おいでませ山口国体」。

この動画サイトが開設されたようです。
(ちなみに、ちょるるというのはおいでませ山口国体、山口大会のマスコットです↓。)

Img006_2011

河本耕平選手が、100mバタフライで国体四連覇という成績を残しましたけれども、いずれこの映像も見てみたいなぁ、っとちょっと期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいでませ山口国体・会期前実施競技開始

http://www.choruru.pref.yamaguchi.lg.jp/kokutai/news/detail.php?id=931

本日から、「おいでませ山口国体」会期前実施競技が始まるようです。


新潟県選手団名簿は↓
http://www.niigata-sports.net/cms/document/disp/140

がんばれ新潟県選手団!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水礼留飛選手、優勝

http://common.pref.akita.lg.jp/kokutai/

本日開催された、あきた鹿角国体の競技。
新潟県選手団が頑張ってくれました。

その中でも、ひときわ輝くのが。
スペシャルジャンプ少年男子部門での、清水礼留飛選手の優勝でしょう。

今年は、スキー発祥100周年。その発祥の地、新潟の選手です。
しかも、スキーを伝えてくれた、れるひの名を受け継ぎました。

多大なプレッシャーはあったでしょうが、がんばってくれましたよね。
今回の国体、現地のスタッフが頑張って、インターネット中継が実現しました。
私も栃尾に向かう前に、ずっと見てました。

非常に、画期的な事だと思います。

ただ、試技、一本目、二本目。礼留飛選手の飛行が一回も見れなっかったという、私としてはちょっと残念な結果に。(いくつかの競技を時間をずらして中継したので、時たま別の競技の映像に切り替わった。)

しかしですよ。

表彰式の模様を伝える映像の中で。

表彰台の一番上にのった、礼留飛選手の紹介の際。
その飛行シーンを挟むという心憎い演出が!
これには、ちょっと目が潤んでしまった。

けど、スキー競技会は、まだ始まったばかり。
明日明後日と新潟県勢の活躍は続きます。

頑張れ新潟県選手団!!


↓スタートリスト(簡単に言えば、滑走順)
http://common.pref.akita.lg.jp/kokutai/gaiyou/startlist.html

↓ライブ中継
http://common.pref.akita.lg.jp/kokutai/live/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あきた鹿角国体2011開幕

http://common.pref.akita.lg.jp/kokutai/

青森で開催された、スケート競技会の結果。
新潟県の天皇杯順位は27位。
皇后杯順位は20位。

まあ、これからです!!

今日開幕したあきた鹿角国体2011、なんとLIVE中継があるそうです。
http://common.pref.akita.lg.jp/kokutai/live/index.html

他県で開催される国体の映像は、あまり目にすることができませんけど(あとで一部の競技が映像ライブラリーとして追加される程度)、今回のLIVE中継は、新しい流れになるでしょうか?

そして、新潟県選手団の名簿は↓
http://www.japan-sports.or.jp/niigataken/documents/66skikokutaimeibo.pdf

新潟から始まった日本のスキー。
歴史と誇りを背負って、新潟県選手団、頑張ってくれると思います。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ明日、結集!はちのへ国体開幕。

普段スポーツとは、ほど遠い内容のブログですがw、国体は別です。

いよいよ明日。

第66回国民体育大会冬季大会スケート競技会・アイスホッケー競技会、

「結集!はちのへ国体」が開幕します。

日程は、1月26日から30日。

新潟県選手団の名簿は↓
http://www.japan-sports.or.jp/niigataken/documents/66toukikokutaimeibo.pdf

新潟県選手の皆さん、ファイト!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆめ半島千葉国体閉幕。千葉県完全優勝。

ゆめ半島千葉国体、本日閉幕しました。

天皇杯、皇后杯、共に千葉県が獲得したそうです。
おめでとうごさいます。

新潟県選手団も、最後の最後まで頑張ってくれました。
ありがとう。

陸上競技

少年男子B  3000m 渡辺  大貴選手 4位!

少年女子A  3000mでは、藤石  佳奈子選手が健闘して10位。

新潟国体でもそうでしたが、3000m競技って、最終日に開催するんですね。

気になる総合成績は。

天皇杯順位16位。
皇后杯順位24位。

新潟県選手団の目標である、10位台前半という数字は、大体達成できたと、思うのではないかと(変な言い回し)。
http://www.japan-sports.or.jp/kokutai/comment.html

さて。

「千葉国体 新潟県選手名簿」っと検索してくれた人が、結構このブログにアクセスしてくれたようです。
千葉国体に、新潟のどんな選手が参加しているのか?
そういうことで、「千葉国体 新潟県選手名簿」というキーワードを検索してくれたのだと思います。

このブログでは、リンクしているだけで、名簿そのものは新潟県体育協会のHPにあるんですけど(笑)


まず、新潟県の選手を知ってもらおう。

トキめき新潟国体が終わるときに、「これを一過性のお祭り騒ぎにしないで、持続的に新潟県のスポーツが盛り上がっていくために、どうしたらいいのだろう?」っと思いました。
私なりの答えのひとつが、テレビでは報道されない、他都道府県での国体に参加する、新潟県選手団の活躍をブログに残していくこと、でした。

このブログで、誰かしらの選手の名前を覚えてもらえれば、すごく嬉しい。
そういう私も勉強中ですけどね。

国民体育大会は、都道府県対抗のスポーツ大会です。
順位によって、得点が違うのですが、その下限が8位。9位以下は(私が知る限り)無得点。
ですから、順位が8位以下の場合は、敢えて書きませんでした。
新潟県選手をはじめ、すべての選手がもてる力を出し切って、真剣に戦ったのだと思う。

時間の都合という、もっともらしい言い訳をするしかないのですが、失礼な対応だったであろうことは素直に謝ります。

明日から、きっとそれぞれの選手の、次に向けた動きが始まるのでしょう。
新潟県選手はもちろん、全国のアスリートのみなさんも、頑張ってください。

最後になりましたけど、各選手、それをサポートするスタッフ、監督さん。
なにより千葉県の国体スタッフ、ボランティアのみなさん。

お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆめ半島千葉国体1004、新潟県勢の軌跡。

ゆめ半島千葉国体も、残り一日です。
一年前、「何年も待ったけど、明日で終わりなんだね」っと、かなり寂しい気持ちになったのは、内緒ですw

さて、今日も頑張ってくれました、新潟県勢。

陸上競技

成年女子  400m 久保倉  里美選手 6位!

少年男子A  400m 古川  諒選手 5位!

少年男子A  三段跳 間島  麟太朗選手 8位!

ボクシング

成年男子  ライト級 戸田  健樹選手 優勝!!!

少年男子  ウェルター級 皆川  直輝選手 優勝!!!

バレーボール

成年男子 6人制   3位!!

レスリング

少年男子  グレコローマンスタイル74kg級 瀧澤  廉太郎選手 優勝!!!
   
ウエイトリフティング

少年男子  94kg級トータル 古川  周平選手 8位!

少年男子  105kg級トータル 平原  達朗選手 7位!

フェンシング

少年男子  フルーレ (吉沢、北村、加藤)組 3位!!

カヌー

成年男子  カヌースプリント・カナディアンシングル(200m) 三富  章央選手 8位!

成年女子  カヌーワイルドウォーター・カヤックシングル(スプリント) 本田  圭選手 3位!!

などなど。

レスリング、ボクシングで優勝ラッシュですね。

さて、総合成績はというと。
天皇杯順位が16位(1092)。15位長野(1131.5)とは、39.5点差。
皇后杯順位は21位(517.5)。20位大分(523.5)とは16点差。

そして、最後になりましたが、今国体での新潟県選手団名簿↓
http://www.japan-sports.or.jp/niigataken/documents/65tibakokutaisensyudanmeibo.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の千葉国体・トキめく新潟県内のブログ版。1003号

千葉国体も終盤となるなか、上越で大きな地震がありましたね。

前回の新潟地震と新潟国体の話は、県内では有名ですが。
実は新潟県中越地震が起きた日に、彩の国まごころ国体秋季大会(埼玉)が開幕したことは、あまり知られてないかもしれないですね。
現地では、被災した新潟を助けるべく募金が行われたりしたそうです。
感謝ですね。

地震は、いつでも起こる可能性があります。
被害を最小限にとどめる、準備、心がけが必要ですね。
今朝、急遽、液晶テレビの耐震対策(台座をテレビ台に固定)したりしました。

では。
「このブログが調べた、新潟県勢の今日の活躍、抜粋版」。

陸上競技

成年女子  400m 久保倉  里美選手 決勝へ。

少年男子A  400m 古川  諒選手 決勝へ。

成年少年男子共通  4×100mリレー (霜鳥、長谷川、貝沢、新村)組 準決勝へ。

成年少年女子共通  4×100mリレー (田中、永井、椛澤、渡辺)組 準決勝へ。

ボクシング

成年男子  ライト級 戸田  健樹選手 決勝戦へ。

少年男子  バンタム級 鈴木  涼太選手 3位!!

少年男子  ウェルター級 皆川  直輝選手 決勝戦へ。

バレーボール

成年男子6人制 3位決定戦へ

成年男子9人制 7位!

レスリング

少年男子  グレコローマンスタイル60kg級 松島  正選手 5位!

少年男子  グレコローマンスタイル66kg級 土屋  貴久選手 5位!

少年男子  グレコローマンスタイル74kg級 瀧澤  廉太郎選手 準決勝戦へ。

成年男子  グレコローマンスタイル55kg級 小千田  星真選手 5位!

ウエイトリフティング

山崎  直希選手が 成年男子  85kg級クリーン&ジャークで6位!
         
         成年男子  85kg級スナッチで、8位!

         成年男子  85kg級トータルで、8位!

なんか、すごいです。

卓球

少年女子 (高橋、片桐、伊庭)組 3位!!

フェンシング

少年男子 フルーレ (吉沢、北村、加藤)組 準々決勝へ。

柔道

成年男子 (川住、丸山、五十嵐、今井、猪俣)組 5位!

弓道

成年男子 遠的 (外山、吉岡、小嶋)組 準優勝!!! 

少年男子  近的  (波多野、田中、谷川)組 7位!

少年女子  近的  (森野、宮崎、今井)組 8位!

カヌー

成年男子  カヌースプリント・カナディアンシングル(200m) 三富  章央選手 準決勝へ。

成年男子  カヌースラローム・カヤックシングル(15ゲート) 山中  修司選手 3位!!!

成年女子  カヌースラローム・カヤックシングル(15ゲート) 山田  亜沙妃選手 4位!!

などなど。

いまさらながら、レスリング等の5位とかの意味を知った(すいません)

さて、総合成績は。
天皇杯順位は14位(989)。13位長野(999)とは10点差。
皇后杯順位は17位(508.5)。16位長野(524)とは15.5点差。

あと二日、頑張れ新潟県!!

新潟県選手団名簿↓です。

こうやって、リンク張るのも、あと1回。

新潟県を代表する選手の名前を覚えて、何かの機会に応援してもらえればいいな、っと思います。
http://www.japan-sports.or.jp/niigataken/documents/65tibakokutaisensyudanmeibo.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧