旅行・地域

完全復元伊納図 全国巡回フロア展

今日は、伊能忠敬さん(とスタッフ)が作成した、日本地図を見てきました。

20100816001

このブログでも時々書くけど、古い地図に、すごく興味があるんですよね。
そして、このイベントの最大の特徴は、地図の上を歩けるって事。

20100816002

唯一残念なことといえば、北海道が本来の位置にないということかな?

けれど仕方ないですね。
経緯や、測量法などの説明は充実してました。

20100816003 2010081600420100816005

さて。

やってみたかったことが、ありました。
この、日本地図を「踏破」することです。

方法は二種類ありました。
上を歩きながら、ビデオカメラを真下に構えて、当時の測量ルートを「歩き」、動画を撮影すること。

もうひとつは、デジタルカメラにより静止画を撮影し、パノラマ写真のように、両端をつなげると、一本のルートになるということ。

雰囲気としては、ビデオカメラによる撮影が良いですね。

が。

それなりにお客さんもいるし、他の人の邪魔なので、この方法は断念。
(真上を歩きながら、地名を読み取れるまでズームを掛けると、ほんのちょっとカメラの角度が狂っただけで、全然違う方向を向いてしまう。これが、存外に難しい(^^;。あまり右往左往しないで、北海道に行くまではノンストップで撮影しないと、完成した動画が絵にならないし)

とはいえ、北海道の道中でデジタルカメラのバッテリーが切れてしまい、急遽ビデオカメラでの動画の撮影にならざるを得ませんでしたが(笑)

そこで、デジタルカメラによる、パノラマ方式での撮影へ。
ルートは、第一次測量時のルート。
本来なら、下から上へ移動するほうが、北上という雰囲気が出るんですけどね。

文字が読めるということで、左から右への視点で撮影。
一枚目の右端が、二枚目の左端に収まるようにしました。
20100816006 20100816007 20100816008

とりあえず、この方法で、エリモ岬までは踏破。
撮影時間1時間15分くらい。撮影枚数280枚くらいw

いつ終わるかわからない私の旅路に、同行者の怒りがかなりMAX(笑えない)、しかもデジタルカメラのバッテリーは切れちゃうし。

ということで、ビデオカメラで第一次測量時の、残りの北海道ルートを撮影し、のちのち静止画として切り出すことに決定。

時間があれば、第九次測量までの足跡をたどりたかったんだが(^^;、時間と同行者が許してくれないようで・・・・・。

帰り際、一応土産でも買うことにしましょうって事で、土産物ブースへ。
なにやら美麗な地図が売っていたので、値段を聞いたら1万3千円だそうで・・・・・。


☆~


仕方なく、ハガキで我慢。
けれど、これを組み合わせると、小さいながらも憧れの地図が目の前に!!

20100816009

保存用と切り抜きように、二つ買っておくべきだった・・・・・・。

で、私は覚えてないのですが、帰りの車内で同行者が「土産物屋の人が、ご苦労様って言ってたよ」っと、そっとささやく。

どうやら、撮影の風景を見られていたみたいですね。
いやぁ、恥ずかしい(笑)

けどね。

結構面白かったぜ(・∀・)ニヤニヤ

いや、まてよ。

全国巡回ってくらいだから、全国を巡回するって事だろ?

myパノラマ伊納地図を完成させるために、巡回フロア展を開催している都市を回って、少しづつ、9回にわたって行われた測量ルートを踏破するってアイデアもあるな(そのたびに土産物屋の人に見られるというわけだなw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)