« トキめき新潟国体 銃剣道競技2日目&エトセトラ | トップページ | トキめき新潟国体 最終日 »

トキめき新潟国体  カヌーとホッケー観戦記

昨夜、県勢の活躍ぶりと試合時間、会場間の移動距離を考えて、月曜日は午前カヌースプリント、午後ホッケーを応援することにしました。

今朝。
長岡市の寺泊港特設競技場に到着。
カヌースプリント競技は、要するに「カヌーを漕いで、早くゴールする」競技。
けど、男一人のときもあれば、女二人の競技もあるようです。
100504

観覧席が会場(コース)から、結構離れてるものなんですね。
レースを肉眼で見るのは、ちょっときつそう。
(オペラグラスが配布されていたようです)

100501 (赤丸内がスタート。緑丸がゴール)

休憩スペースには、モニターも置いてありますが、やはり間近に見て、応援したいです。
いや、間近でも無いんですが・・・・・・。

たまたま、私の席の近くの人が、今日始めて観戦する人ばかりで?、説明を聞こうにも、よくわからない。

そのうちに、いろんな選手が船に乗って、練習を始めて。
200910051038301

勝手もよくわからないうちに、予定時間前にいきなり試合開始。
9レーンの選手に、新潟ガンバレっと声をかけましたが、多分、聞こえなかったでしょう・・・。
というか、最初、練習かと思いました(笑)
「結構、アバウトに出走するんだね」、後ろの席の人が言ってました。

ここらあたりで、船の番号と乗り込む姿勢(座るか、立てひざをつくか)、人数、レース順などなどの条件で、配布されたミニプログラムから新潟県選手を割り出すことに成功up

で、練習の途上で、観客席から近いところを走る場合がある事がわかって、「新潟ガンバレ」っと応援してみるテスト(テストかいcatface

三富選手に「新潟ガンバレ!!」っと声かけて、手を振ったら、応えてくれて。
声が届いていることが判明。

競技はどんどん進んでいくものの、事情がわからない人ばかりで、新潟県の応援は、他の都道府県応援団に負けてしまう(^^;。

レースを終えて、観客席前を経由して帰っていく選手に「おつかれ」っと声をかけるのがマナーらしく、ここでも真似してみるテスト。

途中、30分程度トラブルが発生し、遅くなったものの、競技は終了。
ゴールラインに対しての、私の席の視点が悪く、どうしても県勢が負けているような様子。
(アナウンスは流れていたようだけど、聞き取りにくかった)

結果は、あとでネットで見よう。
って事で次の現場に向けて移動開始。
(県勢は健闘し、三富選手、見事に準優勝でした)

けど、屋台テントの前を通り過ぎるとき、タイミングよく出てきた無料配布の「かに汁」の誘惑に負け、一杯いただく。
100503

表彰式もすぐ後に控えていて、現場にはきっぴーも待機していたんですが、昨日の失敗から学び(笑)、次の現場へ。

次の現場は、新潟市西蒲区のホッケー会場。
091005_15500001 (携帯カメラの設定、間違えちゃった)

少年女子の決勝戦で、新潟が島根と戦います。

寺泊から、20分くらいで到着。
豚汁の配布も行われていたようですが、かなりの大盛況で行列が出来てまして。
諦めました。

予想外に広い休憩所でした。

100505

試合会場内の観覧席に座ると、3位決定戦が行われている最中で、岐阜と熊本が戦ってました。
ホッケーって、どっちかというとアイスホッケーが思い浮かびますが、大体そのようなものと、今でも認識していますsweat01

岐阜が得点を重ねているのに対し、無得点の熊本。
せめて、熊本が一矢報いてくれれば、っと心の中に思ったものですが・・・・・。
5対0で、熊本の負けでした。
けど、どちらも頑張りました。

3位決定戦が終わり、決勝戦。
新潟対島根です。

主導権は、島根チームが握っていたように思います。

新潟も果敢に攻め上りますが、どうにも得点には結びつきません。
特に、新潟側にペナルティーコーナーという、厳しい状況が多発します。
一方的に相手ゴールを囲んで、打ちこめるルールでして(防御側も、キーパーと数名のディフェンスを配置できるけど)、致命的です。

優勢な島根に対して、新潟県を背負って最後まで、精一杯、戦ってくれました。
結果は、4対0での敗北でした。
グラウンドに力尽き、倒れこむ選手も居ました。

やがて、落ち着き。
選手たちが、観客席の前に並んだとき、拍手の中、誰とも無く立ち上がりました。
私も、自然と腰を上げました。
多くの観客が立ち上がり、大きな拍手で健闘を称えました。
こんなケースは、ずっと国体を追っかけてて、はじめてです。
よく、ここまで頑張ってくれました。

ホッケー競技、少年少女新潟チーム、堂々の準優勝。
成年女子も5位に入賞したらしく、ホッケー女性陣、頑張ってくれました。

表彰式の合間に、トッキッキが登場し、様々なアクションで和ませてくれる一幕も(笑)
200910051518201

ホッケー競技は、明日、成年男子の新潟チームが決勝を戦います。
優勝目指して、頑張ってくれると思います。
明日も、ホッケー会場、熱くなりそうですね。

さて、ニュースで放送されたように、新潟県は今国体での天皇杯皇后杯の同時受賞が決まったようです。
みんな、おめでとう。そして、ありがとう

けど、まだもう少し。
トキめき新潟国体は続きます。
新潟県勢、最後まで頑張ってください!!

|

« トキめき新潟国体 銃剣道競技2日目&エトセトラ | トップページ | トキめき新潟国体 最終日 »

新潟国体競技」カテゴリの記事

コメント

私も新潟国体で応援してました。天気も恵まれよかったですね。でも 海でなく川で開催して欲しかったですね。フラットウォーターですからね。今年は千葉県ですね。楽しみです。http://apio-canoe.jp/sports/flatwater/memory

投稿: 阿部 | 2010年3月22日 (月) 00時34分

コメント、ありがとう。

川だったら、もうすこし間近に見れたんでしょうかねぇ。
個人的に、結構アバウトな出走時間が印象的でした。

行けない距離でもないので、千葉国体も見に行けたら見に行きたいなぁって思ってます。

投稿: nao | 2010年3月22日 (月) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135495/46403320

この記事へのトラックバック一覧です: トキめき新潟国体  カヌーとホッケー観戦記:

« トキめき新潟国体 銃剣道競技2日目&エトセトラ | トップページ | トキめき新潟国体 最終日 »