« 解雇に反対して戦う、勇気ある人たちへ | トップページ | ミニ特撮のセカイ UGSF出動 »

2009年1月 4日 (日)

平成21年度(長岡市消防団)出初式

今年は、ちょっと遅めの集合、遅めの解散。

比較的気温が低くない(暖かいということも無かったから)事もあって、多少は楽だったのかもしれない。

が、消防団の作業着というのは決して防寒着ではないわけで、正直、分列行進が始まるまでに体は冷え切ってしまう。
鼻水と戦いながら(笑)、分列行進しました。

今年は、「さよなら厚生会館」ということなのか、木遣り歌とか、チビッコによる催し物があったり、例年にない出初式だった(と思う)。

そういうところが、面白かったと思う。
下の映像はyoutubeのnagaokacityチャンネルから。
この映像には、鼻水と戦うオレは映っていません(w

ただ、毎回思うのだけれども、もっと団員に優しい消防団であっても良いと思う。

出初式における防寒対策などは、もっと考えられるべきことだと思う。
確かに防寒着のままの行進は「絵」にならないから、どこかに集積して、のちのち回収という形になるかもしれない。
あの寒空のなか、初秋の服装で1時間も待機させられるというのは、相当な苦痛である。

少子化が問題になるように、消防団の定員不足も、それぞれの部単位では深刻だと思う。
こんな事では、人は入ってこないし、大事なときに出席できない「幽霊部員」になってしまう。

人に気合やプライドを押し付けるだけで問題が解決できる時代。
今は、そういう時代ではないのではないだろうか?

これからも、日本各地で悲惨な天災は繰り返される。
そのとき、とりあえずのマンパワーとして消防団は存在している。
そう。
地元を自分たちで守るために。

消防団に限らない。
この国は、自分たちを守ってくれる存在を、案外に「ないがしろ」にしている、
気がする。

|

« 解雇に反対して戦う、勇気ある人たちへ | トップページ | ミニ特撮のセカイ UGSF出動 »

コメント


2月9日 防災訓練の防寒着を探していますcoldsweats01

幹部しか支給されないから、大変だぁ(笑)

カワイイ♀よりcatpaperheart02(笑)

投稿: | 2013年2月 6日 (水) 午後 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135495/43637524

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年度(長岡市消防団)出初式:

« 解雇に反対して戦う、勇気ある人たちへ | トップページ | ミニ特撮のセカイ UGSF出動 »