« 格差社会は無くならない | トップページ | ミニ特撮のセカイ 巨人族とアルゼンチンの無い世界 »

2008年5月17日 (土)

君にもできる?EZアプリ版 THE ATLAS

不思議とね、飽きないねぇ、コレ。
何回かプレイした上での感想です。

ベースとなっているのは、現実の地球です。
文中で、アメリカ大陸とか書いてますけど、まあ、その「辺り」と考えていただければ。
Atlas2

ここでの私のプレイは、「経済的に」王様と宝物に頼りません。
(というか、あまり宝物探さないし)
投資によって資金を調達します。
また提督の報告は全て信用します。
初代PC版THE ATLAS(以後初代)は、救いようも無く街が見つからない場合もありましたが、EZ版はそんなにシビアじゃありません。

それではゲームを始めましょう。

しかし。
ゲーム開始したら、とりあえず何もせずに半年放っておく(マジです)
半年ほど経過したら、あちこちの「街」の景気を調べます。
開始直後だと、全都市が「普通」っぽい。
「できるだけ」大好況の街を見つけ出して、8割くらいの資金を投入します。(6万くらいになるかな)
景気は、結構コロコロと変わります。大好況から半年たつと不況ということも。
全部投資しないのは、万が一のゲームオーバーを防ぐ予防線です
リスクを軽減したければ、もっと資金を残しておくのもよいかと。

あまりに「大好況」の街が見つからなかったら、好況の街に投資するのもよいと思います。
オレも一年ほったらかしにはしません。
波はありますけど、大好況の街の場合、10ヶ月以内に元は取れます。
最初の街に、満額(10万)投資したら、2割は世界地図ができたと思っても過言じゃないです。
戻ってきた資金で景気のいい街を「買占め」(10万投資)。
これを3つの街(初期値の最大投資都市数)に繰り返します。

ゲーム開始から3年くらい経過するかなぁ。
まあ、まだ基盤は脆弱ですから、こまめに資金の増え具合、街の景気をチェックしてください。
途中、何回か王様に呆れられるでしょうが、気にしない(w

ここで再び放っておきます。

さて、10万程度資金が集まって、街の景気が好況以上あれば、そろそろ大海に乗り出しましょう。
投資した都市の中で景気が普通以下の街があれば、投資しなおすのもよいかもしれません。
船は、一番高いやつを、あまり考えずに買います。
提督も、上から順番に選びます(w

50万の王様のポケットマネーをゲットするため、世界一周を目指しましょう。
このゲームでは、右端と左端の海域を確定することによって可能です。

リスボンから真西、もしくは若干北西の航路が一本。
この航路はアメリカ大陸を発見したら北上し、最北まで到達したら西へ抜ける航路です。(結構簡単にアメリカ大陸は見つかります)
多分、コロンブスはアメリカ大陸が何処にあるか知っていんだと思われ(w

イギリスの上、スカンジナビア半島(でいいのかな)からシベリア北部を東へ目指す航路。

この二つの航路は、提督の報告を全て信用しても、ほぼ必ず反対側に抜けられます。(正確には、反対側と繋がる、だけど)
もしも、陸地で進めないような報告だったら、信用しないという選択肢も有りかと思われ。

つまり、お互いが最大限に遠くまで行ったときに(緯度は合わせないとだめだけど(上からの升目))、世界が丸いということを証明できる。
このとき、王様が50万くれる。
初代だと、シベリア北部なんて陸地にぶつかる確率が高かったような。

そのほかの航路は、アフリカ南下、もう一つ南アメリカを南下する航路。
とりあえず、この四つの航路がメインです。
あまった提督は、取り残された未確定海域を探索しましょう。
初代では、街と街を貿易航路を繋いで資金を調達する方法でしたから、(貿易船は未確定海域に入れない)、こまめに未確定海域を探索しなくてはいけませんでしたが、今回は貿易船はないので、わりとほったらかしにできる。
まず、各大陸の「アウトライン」を描き出しましょう。

ゲームを進めていくと投資可能な街の数が増えます。
投資済みの街の景気や、新しく投資する街の目星をつけるなど、投資もぬかりなく。

うまくいくと、パナマ運河よろしく、南北アメリカ大陸に「隙間」が生まれる場合があります。
そこから太平洋側に進出して、西海岸の上下を探索します。
まあ、無くても気にしませんが。
ATLASって、そういうゲームですから。

東南アジア、南太平洋のあたりの島だらけの海域の「進み具合」が遅くなると思う。
こまごました島が点在して、なかなかコンボ(陸地を見つけたときに、大規模に確定する)もおきないし。
まあ、ここまでくれば、あとは根気です。

さて、海域を確定していく上で大事なのは、「1コマ残し」の撲滅。
このゲーム、全体図で見ると、細かい部分つぶれちゃうんですよね。
こまめに拡大画面で未確定海域をチェック。
多分、EZ版が初代と比較して難易度が高い数少ない局面ではないかなっと。
大陸内部まで綺麗に確定するのは良いけど、そのおかげで100%の海域を確定しないといけないですから。

以上「ざっと」ではありますが、EZ版ATLASの攻略でした。
感想というと、携帯版としてうまく縮小してあるな、って感じ。
ただ、なんか「綺麗な地球」っぽいところが、21世紀っぽい(笑)

|

« 格差社会は無くならない | トップページ | ミニ特撮のセカイ 巨人族とアルゼンチンの無い世界 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君にもできる?EZアプリ版 THE ATLAS:

« 格差社会は無くならない | トップページ | ミニ特撮のセカイ 巨人族とアルゼンチンの無い世界 »