« 河井継之助記念館と歴史のハザマで | トップページ | らぶら »

2007年1月 4日 (木)

肝臓ガンとPCの手術

明日から仕事かぁ。
オレは、毎年正月休みは年始周りで終わっちゃうんだよね~。

今年の正月は、暇な時間は調子の悪いPC直してた。
いまさらだけど、OSはXP入れました。
感想は「激遅」・・・・・・・・・・・・・・・・。
こんなことでVista入れたら、動かないちゃうんか?

ま、もともとDELLのPCからハードディスクだけ引っ越して、
無理無理に2000動かしてたようなマシンだからなぁ。

まあ、これで、ばっさりと手術成功。
オークションで、FSB400系の最速ペンティアムでも入手するべか。

さて。
年始周りの話題というとね、誰々が死んだとか、そんな話ばかり。
婆さん連れて行くわけだから、自然とその年代の人間の話になって、死へと・・・・。

肝臓ガンという病気がある。
なぜか親戚には肝臓ガンが多く、生還した例、できなかった例が聞けた。
自覚症状として、「貧血」っぽい症状があるんだそうな。

三名が肝臓ガンになり、一名が生還。
その差は「早めの血液検診」にあった。

生還した一名は、かかりつけの医者に、貧血っぽいので早めに相談したところ、
病院の紹介状をもらい、血液検査をしてもらったそうな。
早速手術して、肝臓を半分近く摘出したものの、生還。

亡くなった一名は、医者嫌いで、仕事中に倒れたにもかかわらず、
無理に仕事を続けるような人で、医者にいってガンが発見された頃には手遅れ。

もう一名は、運も悪かったんだけど、先に脳梗塞が発症。これが悪かった。
医者も若い医者で経験不足。これも悪かった。ここで血液検査をすれば良かったんだけど、病状が良くないのは、脳のせいだと思ったらしいんだよな。若い医者が。
患者も自覚症状を上手く伝えられなかった。

で、足が異常にむくんできて、ようやく検査して見たら肝臓ガン。もう、手遅れ。

まあ、俺も医者嫌いだからなぁ・・・・・。
PC直す余裕があれば、検査すりゃいいんだよな。

|

« 河井継之助記念館と歴史のハザマで | トップページ | らぶら »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肝臓ガンとPCの手術:

« 河井継之助記念館と歴史のハザマで | トップページ | らぶら »